Blog 戦略es

戦略関連の各々、個人、企業体、思い気ままに書き留める情報ブログ。

「画像」の記事一覧

MRI画像の読影、レントゲン、CT

12年前くらいに被害者さんのレントゲンを確認したのが始まりです。 この業務(交通事故)では多くの時間を画像の読影技術を磨くために費やしました。 現場にいる放射線科の医師(画像を撮影する診療科)の中には「10年で読めるよう […]

胸郭出口症候群で画像撮影~MRI

腕がだるい、痺れるなどの症状の原因の一つとして鎖骨下型の胸郭出口症候群である場合が意外と多く見られます。頚椎捻挫、肩打撲の傷病名の被害者に多いのですが、頚椎のMRIも肩のMRIも、両方の撮影を行ったとしても一番みたいとこ […]

色々な時期や様々な撮影法によるMRIを見るのに

題名、これ以外と難しい。 「同じ部位なのだから、見比べるのも簡単でしょ」 というツッコミは超一流だけが言える言葉です。 病院も違えばスライスも異なりますからね。 特に肩のMRIなんていうものは他の部位よりバラつきが多いも […]

マニアックかも?画像診断という月刊誌

CTやMRIを載せて、基本情報から最新情報まで医師か技師しか読まないと思われる雑誌があります。 さすがに、ただの医学マニアも、交通事故とは関係ないテーマだけの時は購入せず、外傷に関する症例などが掲載されるときだけ購入して […]

MRIで神経は写らないのか?

「MRIでは神経は写りませんよ」 正しいような、間違っているような、何とも言えないです。 MRIは奥が深い!という話はした気がしますが、1.5テスラとか3.0テスラといったMRIの性能よりも、撮影の技量によって大きく変わ […]

MRIはフィルムの方が良い

後遺障害の申請では、調査事務所は画像はCDデーターで送って欲しいようです。 今では診療報酬改定の影響があってか、ほとんどがCDになっています。 しかし、私はフィルムが好き。 結構デジタル人間だけど、ここはアナログなんです […]